トップ記事一覧>ここ

2010/11/3栃木市ポタ

 

チーム東葛おーぷんBBSからの情報で、はんぞうさん主催の栃木市ポタに参加してきました。

参加者は主催のはんぞうさんの他には、まっちさん、えいじさん、Gibsonさん、よっしー@さん、E-ponさん、江戸桜さん(渡良瀬遊水池まで)。

関宿まで

目覚ましの時間はセットしたのだけど、スイッチをONにせずに寝入ってしまい寝坊。急いではみるけど、松戸のサイクリングロード上で集合時間5分前になったので、SNS経由でGibsonさんに遅刻の旨を連絡。前回の東葛ポタでは集合場所の運河河口公園へは県道8号や国道16号の近くの下道経由だったけど、今回は県道主体で松戸まで出てからサイクリングロード沿い。こちらのほうが信号少なめで速いかなと思ったけど、サイクリングロードが工事中で階段を登り降りしなければならなかったり向かい風がきつかったりと、そんなに変わらない感じ。

西風が強く、北西に向かっているので向かい風。競輪選手らしき固定ギアの方とロードの方に抜かれたけど、昨日の疲れで足が売り切れているのか視界から遠ざかるばかり。ルートを知っているならともかく、栃木までどういうルートで行くのか知らないので、それなりに頑張って関宿まで。


無事合流。皆様お待たせしましたm( __ __ )m

挨拶もそこそこに、売店でクッキー4枚を購入&飲み物を補充。

栃木まで

江戸川の対岸へわたると直ぐに千切れるが、単独走行よりは頑張って付いていったほうが楽だった。以前東葛ポタに参加したときは江戸桜さんは小径車だったが、今回はロードバイク。

利根川を渡る橋でなんとか追いついたが、付いていくのが精一杯で先頭交代には加われない。渡良瀬川に入ったあたりで千切れたが、信号ではんぞうさんと合流して道の駅まで。今回のオフ会中で前を引いたのはここぐらい^^;

合流。

渡良瀬遊水池。

道の駅きたかわべで休憩。軽量化&クッキーで補給。


風が強く快晴。暫くして渡良瀬遊水池に入っていく江戸桜さんと別れる。県道11号で栃木市街へ。
栃木市観光

栃木市は純粋な古都としての観光地ではなく、古い町並みと新しい町並みが混在している感じ。


遊覧船乗り場。

遊覧船の受付の建物は看板が地味でちょっとわかりにくい。乗船料500円。

平底の船に靴を脱いで乗る。船頭さんが艪を漕ぐ。


喫水が低い。


ローアングルから撮っていたら、船頭氏に腕が挟まるから気をつけるよう注意される。進路を変えるときに船と船がぶつかる。危なかった・・  

鯉多数。じゃがいもカレー以外に鯉のメニューも名物にできそうな感じだが、かわいがられているとかで釣る人もいないらしい。

商店の方が餌をやり出すと、水面近くで餌の争奪戦がw

船の遊覧が終わり、ジャガイモ焼きそばの店へ。地元の方からの評判の良い店はジャガイモ焼きそばを出していないため、しばらく彷徨う。


駅前通へ。古い建物がちらほらと。栃木市は郊外の特定ルートを結構走っているのだが、市街地にはなかなか入らない(へばなさんのオフ会で一回通ったぐらいか)ので新鮮。



野菜直売所の奥でじゃがいも焼きそばにありつく。これは一食目。二食目は目玉焼き無しで。並み300円2セットと目玉焼きトッピング1で650円なり。食べる前は2セットにするか3セットにするか悩んだが、2セット目がオーダーとして認識されておらず出てくるのが遅かったので腹具合はちょうど良かった。自分的には、連続して食べるなら並3セットか大盛り2セットの量が必要。とりあえずは、焼きそばが食べられなかった江戸桜の分まで食べた、ということにしておこうw

店の外観。

少しポタ。


市役所別館。参考リンク:近代建築散策:栃木市役所別館(旧栃木町役場庁舎)

錦鯉は鯉ヘルペスとかで隔離されているらしいが、1匹脱獄したのがいて船から見えた。

案内板にある三島通庸について検索してみたら田中正造と関係があるようで面白い。

栃木駅から東武にて輪行。経験上特急のほうが速いしそんなに高くもないことは知っていたのだが、急がないしのんびり鈍行で。区間急行に乗ってみたら混雑していて、暫くしてから座ることができた。柏までは楽しい宴会列車。自分はそこから少々乗り継いで帰宅。

参加者の皆さん、お楽しみ様でした。はんぞうさん、企画ありがとうございましたm( __ __ )m

反省点

自転車イベント前の目覚まし時計かけ忘れは、去年のブルベでもやってDNSだったのでこれで二度目。準備の前の段階で、早めにセットしてしまわないと。

トレインの速度にもよるが、疲れているときは無理して後ろを付いていったほうがいいかも。ルートがわからないので大幅に千切れるわけにもいかないので、向かい風の中の単独走は頑張る必要があった。道の駅休憩後は足も大分復活したので、もっと前を変われば良かった。

リクセンカウル・コントアーマックススポーツは大容量な分、風の抵抗が大きいかも。長所と短所は表裏一体だから仕方ないか。

記2010/11/12
トップ / ページ先頭 / BBSに何か書く? / Copyright (C) 2007-2014 sakakaze
inserted by FC2 system