トップ記事一覧>ここ

2010/8/1 北へ&山へ・その3

 

もどる

ところで、今年の夏も楽しみにしていた某オフ会があるけれど、今年は残念ながら仕事で行けない。行けないのなら・・・勝手に行ってしまえばいい! そして渋→奥志賀→関田は今まで未達成。そんなわけで今回最後のロマン、

直江津へ!


そんなわけで奥志賀林道へ!

登りは体が暖まり、降りは涼しい。晴れたら暑く、霧に突っ込むと冷気で冷たい。4条件が組み合わさり、体感温度がめまぐるしく変わるので、ジャージの前ジッパー、アームウォーマーの腕まくり、靴下の脚まくりをいろいろオンオフしながら進む舗装林道。上の写真は降り。

登り。

霧(雲)の冷気。

野沢温泉方面へ。交差点の形状は覚えていないが、道なり左だった気がする。灯籠木峠はどこだかわからなかった。

スキーリフトということは野沢温泉は間近。

視界が開けるたびに写真休憩。

野沢温泉村が見えてきた。

野沢温泉方面へ。やはり道なり左だった気がする。

サンセットポイント上野原高原。


路面に傷が沢山。雪上車のキャタピラの跡か、車のチェーンの跡か?


目印にしていた日本スキー博物館はわかりにくい。看板小さめで、施設は道より奥まったところにある。写真の奥の建物が日本スキー博物館。

そして次の┣字路を右へ。

急坂の降り。地元のおばあちゃんが、登山用のダブルステッキで草の上を登っていた・・・凄い・・・ 舗装部分の幅が狭く、車が上から来たときのために草の上を登っていたのだろう。

温泉みたい。道がわからないが、とにかく降ろう。

石畳の急坂の降り。

横落交差点。降り方面へ。

コンクリ坂の降り。反対側からは決して登りたくない道。

湯滝橋で千曲川を渡る。700m程降ったようで、かなり暑い。そして関田峠は1100m・・

コントアーマグナムの網部分。いい加減補修しないといけないのだが・・

千曲川。パノラマ風写真へのリンク

昔の橋の支柱かな?

左折して、

県道116号を光ヶ原高原方面へ。

登りが始まったとたん、暑くてダメ^^; 着替え。

飯山線の電車。

県道116号は直登りが続く道で、暑い中・売り切れている脚には厳しい。変電所?が見えてきたら登りは一段落。

右折して関田峠へ。

8月だけどアジサイ!

直登りは続く。

滝がまだあった! というわけで、水浴び&洗濯。洗濯したジャージを来たら、時々&所々痛い・・・なんかいたのかな?

一人で登るとかなり長い登り。以前、湘南のmasaさんと話しながら登ったときはあっという間だった。左側に見えた低い山は、県境の山脈から南に張り出した山で、そこよりもずっと高い所まで登る。道を拡張しているようで、工事箇所が数カ所あった。工事のためか、大型トラックも時々通過。

大神楽展望台からは下界は霧でほとんど見えない。

野沢温泉村手前で最後の薄皮を3個食べたっきりなので、空腹。

今まで登ってきた道が少し見えるぐらい。

茶屋池。

屋根の張り出しの少なさと角度の急さが豪雪地帯の造りだ。

やっと関田峠到着。数分だけど、久しぶりに押した。


帰宅後読むために撮影。

稜線沿いに山道(トレイル)が続いているようだ。

だいぶ古い石碑。

下は文字が削れてしまっている。

予想していたことだけど、やはり新潟平野や日本海が見えない。残念。今回、風はそんなに強くなかった。

長い降りだけど、途中登り返し有り。R18上新バイパスの合流地点では、なるべく相対速度を近づけて、手信号出して左に避けて後続車に道を譲る。

港で迷ったけど、なんとか船見公園に到着。跨線橋の次の川原町交差点で左折すれば良かったみたい。18時だから日没にはまだ間があるのだけど、雲で隠れて夕日が見えない。

当初の予定では15時過ぎの鈍行終電で18切符輪行する予定だったので、新幹線での終電時間を調べていない。だから急いで帰り支度。ホテル元気人の風呂に寄る余裕はなさそうだ。

公園内にシャワーがあったので、レーパン一丁になって洗ったり、脚洗い場?で足を洗ったり、トイレで着替えたり、川向こうのコンビニで飲み物食べ物を調達したり。直江津駅での輪行準備は19時に終わって、緑の窓口へ。帰りの電車には十分時間があったようで、おみやげを買い損ねたorz 20時過ぎの特急はくたかと上越新幹線で、日が変わる前に無事帰宅。

90kmあたりから沼田市街までサイコンの計測がストップしていたので、正確な距離は不明。サイコンの表示は356km。総走行距離には興味があるので、今度ルートラボでルートを作って調べてみよう。ルートラボは高低差の距離補正がかからないので、実測とは違うらしいけど。

P.S.帰りの輪行時にはサンダルが欲しい。駅の近くに100均が見つかれば買うと楽そう。

追記:ルートラボによると、走行距離は約440km 獲得標高は約6300m


記2010/08/04 2010/11/13更新
トップ / ページ先頭 / BBSに何か書く? / Copyright (C) 2007-2014 sakakaze
inserted by FC2 system