トップ記事一覧>ここ

2011/8/7〜13 北海道パラダイスウィーク トライアル走行会(9) その他

もどる


本編(1)〜(8)とわりと重複しているので読む必要無いかも・・

感想

天気が恵まれたこともあり、ブルベというよりツーリング。もともと認定が無いので気楽ということもある。ブルベ間に長時間の休みがあり、たっぷり眠れるので、1000kmブルベよりもこちらのほうが楽だった。もともと仮眠が下手なこともあり、ブルベ間にたっぷり眠れるのは助かった。初日以外で昼間に眠くなり、ほぼ毎回昼寝しているが、多分ブルベ前二日間の睡眠不足が尾を引いていたと思う。

根室の一部区間でしか雨に降られず、天気に恵まれたブルベだったが、向かい風の区間が多かった。各パーツは片道ブルベなので、向かい風か追い風かの違いは大きい。

飛行機輪行

普段から使用している軽量ぺらぺらの輪行袋を使用。エンド金具およびフロントエンド金具(自作)を使用。RDは外さず(往路は時間が無かったため、復路はRDを外したあとに包むタオルとかがなかったため+面倒だったから)。後輪を外すときに一旦トップ側にしたRDを、インナー側に変更して、外側への露出を抑えるのみにとどまる。結果、変速はトップにすると音鳴りしたり、変速しなかったり。ただし前からの気もする。輪行袋の傷は増える。小さい切り傷であり、大きい裂け目にはならず。

ゴム糊と油は没収された。ゴム糊は他の方からも没収されたという声を聞いたので、厳しいかもしれない。パナのイージーパッチとかを使うか、北海道でゴム糊を買うか、チューブを多めに持って行くか。油は小さい油をツール缶の底に入れておくぐらいなら大丈夫かもしれない。基本は自己申告。液体の油はダメで缶入りのスプレータイプの油なら大丈夫との説明を空港で受けた。実際に、復路で缶入りのグリーススプレーなら大丈夫だった。金属感知器で一旦引っかかるが、その後係員がチェッックしてOKとなった。

100円均一があればどちらも安く入手できるし、そうでなくてもツルヤ等のホームセンターなら入手できる。

消耗品

普段の消耗品に加えて、ブレーキシュー一式とスペアタイヤ1本を追加。雨天が続いた場合、ブレーキシューは一式だけで足りたかどうかは微妙・・・というか多分無理。スペアタイヤは使わないかと思っていたが、持ってきていて良かった。札幌駅からなら約1600km走るので、スペアタイヤはあったほうがいい。

足りなかったのはチューブ。2本では少なすぎた。空港でゴム糊が没収されたのは痛かった。斜里の100均でゴム糊を買っておかなかったのは失敗。

補給

コンビニや自販機が少ない。コンビニや集落は有る程度人家が集まった集落以上の市街地にしか無いが、市街地と市街地の間の距離は関東地方より長い感じ。牧場を除けば、集落以外に人家はほぼ無く、つまり自販機も無い。コンビニは24時間営業で無い場合も多い。夏&晴天で暑いと、飲み物切れが危険。当初ダブルボトルだったが、途中からは500mペットボトルをシートポストバッグに括り付けトリプルボトル体制になり、それでも飲み物が足りなくなる状況があった。

もちろんハンガーノックも危険。食べ物は少し余分に持って走るのが吉。燃費が悪いのならなおさら。

今回助かったのは公園等の水道。関東とかと違い、蛇口は付いているし、元栓が閉められているということも無かった。水道があれば取りあえずは体に振りかける用の水は補給できた。

衣類・荷物

日中の暑さは関東と変わらない(湿度が低かったり、信号ストップがほとんど無かったりするので、だいぶ楽ではある)ので、その場合はレーパン+ジャージ。

風が冷たかったり、夕方で涼しくなると、アームカバーとウィンドベストを追加。夜間は薄手のロングタイツを追加。これでほとんどなんとかなった。

例外的に寒かったのが納沙布岬周辺と最終日の札幌手前。前者は雨具(上)、後者は長袖ウィンドブレーカーを追加で装備。結局、さらに寒かったときのためにTシャツやらウィンドブレーカー(ズボン)とかもあったが使わずにすんだ。

洗濯して交互に使うため、レーパン・ジャージ・靴下は2セット持ち運んだ。600kmブルベでは途中で着替えてリフレッシュできたので良かった。

自転車用衣類の着替えの他に、輪行用の衣類一式・輪行袋・風呂セット・スペアタイヤ等も入れていたので大容量のはずのシートポストバッグでも容量の余裕はほとんどなかった。

洗濯

ブルベ間の宿泊時に毎回洗濯。その間は基本的に輪行用の衣類(短パン・Tシャツ・パンツ・靴下)を着ていた。ビジネスホテルで乾燥機を使ったときは全て乾いたが、洗濯して干したときに一番乾きが悪かったのは靴下。自分の靴下は化繊じゃないからな〜 レーパンのパッドは普通に乾いていた。

ヘルメットやグローブも洗ったが、特にヘルメットはパッドを取り外せなかったので、いまいち。この二つは臭くなり易いので、途中の道の駅でも何回か洗った。

仮眠

ブルベ間ではそれなりの時間を熟睡しているのに、昼間に眠くなること多数。北海道入り前日は準備で睡眠不足、北海道入り当日の健康ランド泊でもそんなに眠れなかったので、それが尾を引いた模様。多めに昼寝をした。ブルベ間はしっかり寝ているので、昼寝で眠れなくとも眠気は引き、走行を継続することができた。

北海道ではアブが活発で多いため、虫除けを持っていないと昼寝をするにも場所を選ぶ必要あり。刺される(食われる)と非常に痛い。草むらがあると多分アブがいる。虫除けも効かないという話も聞いた。夜間は狐や熊が怖いのでやはり屋外での仮眠は怖い。幸い北海道のバス停はドア付のものが多いので、バスが走っていない時間帯であればバス停が一番無難に思う。下調べをしっかりしてライダーハウスを利用するのもいいかもしれない。

痛み

ほとんど無し。膝が少し痛くなっても、そのうち痛みはなくなった。尻はいつも通り痛くなるが、肉を食べて時間をおけば回復した。セイコーマートにも7-11のから揚げ棒のような安価で量が多い肉系ファーストフードがあればなぁ・・ ザンギとかミートボール入りパスタ等で代用。

記2011/8/24
トップ / ページ先頭 / BBSに何か書く? / Copyright (C) 2007-2014 sakakaze
inserted by FC2 system