トップ記事一覧>ここ

2010BRM703埼玉400kmスーパーアタック奥志賀・前半

今年もスーパーアタックを走ってきました。後半の雨と睡魔には参りました。


スタートまで

去年は7時スタートだったが、今回は4時スタートと6時スタートと、参加者の安全のために出発時間が早まった。睡眠時間が確保できそうな6時スタートで申し込む。始発輪行で間に合わないので、終電輪行で越生へ。「仕事」が忙しくて終電に乗れたのはギリギリ。宇都宮ブルベでもそうだけど、金曜日の終電輪行で都内を抜けるのはキツイ。壁や手すりに自転車を立てかけられず、長時間立つことになる。新幹線やグリーン車とかを使えば別だけど、今回は無い。ある意味自走のほうが気楽かもしれない。ファミレスや漫画喫茶等を調べて来なかったので、適当に公園を探して野宿。しかし蚊につきまとわれて眠れなかった。3年前の沼津600kmのときと同じパターンで学習能力が無いw とりあえず体だけ休んでスタート地点のゆうぱーくおごせへ。


受付を済ませ、ブリーフィングが始まるまでベンチで少々仮眠。ポケットロケットの実車を見たのは初めて。いつもは後ろのほうでスタートするのだが、なんとなく検車を先頭のほうで受けてしまい、スタート。宇都宮600に出ていたケルビムのEiryさんとIさんを見かけたが挨拶できず。
PC1(北軽井沢)まで

前方を走るのは、久々にお会いした70代のSさん。元気に3週連続600kmとかを走られているようだ。

何人かパスして集団の先頭になってしまうが、それもAJ埼玉快速トレインが追い越すまで。とりあえずツキイチへ。

多少メンバーが変わりながら進む。天気は曇りでこの時期としては最高の天気。

メモ写真。今市地蔵前╋字路左折。

ところでこのトレイン、全然先頭交代をしない(@@; 実力で順番を確定しているのか? 一回だけ先頭を代わったのだが、遅すぎてすぐに追い越されてしまった。先頭は信州プラクティス200kmトップゴールのSさん、次が銚子300kmトップゴールのじんじんさんという豪華メンバーなので自分が出る幕は無かったようだ。今回は(?)エースポジションで楽をさせて頂くm( __ __ )m


山が近くなってきた。

板鼻陸橋下┫字路を左折したあとの直登り。結構くるね。

するとKさんみのいちさんの特急トレインが追い越していく! 信号ストップがなかったら追いつけなかったと思う。一番後ろの方のインフレーターの固定方法が勉強になった(ブラケットの他に、外からも取り外し可能タイラップで縛ってある)。会津600kmでチェーンステーに付けたインフレーターの固定が甘くて少々困ったので、今度試してみよう。

ああそうか、二度上峠へのアプローチがとっくに始まっているんだ。

K130へのY字路。地図上だと交差点名がある交差点なので、ちょっと疑問に思っていた箇所。キューシート通り交差点名は無い。

K130はアップダウンが厳しく、どんどん集団が小さくなっていくが、コンビニストップが無かったのでハンガーノックの方がいたかもしれない。自分はステムバッグにいれたパンで補給済み。

Kさんの前はSさん、そのかなり前方に小さくみのいちさん。そろそろ自分もヤバイっす^^;

権田までのR409では坂が緩やかになり、後ろをついていく分には大丈夫になる。あー、走りながらの補給にはウィーダーインゼリー系は便利だなぁ・・

4時スタートの参加者?をパス。彼らは速いので、前方を代わるかどうか真剣に悩むが、せっかくなので前へ。権田を曲がり、みのいちさんと話ながら登るけど、飲み物が切れたから自販機停止。仕方ない仕方ないw

長い長〜い陸橋。




頑張って追いついたと思ったら、みのいちさんがちょっと本気を出したようでついて行けない^^;

カーブ番号が無くなったら峠。自分は山無しの千葉県北西部住民だから坂は苦手だけど、近場に長い坂がないからこそ坂自体は嫌いじゃない。

工事信号にひっかかる。いいペースで登っていると、再始動がちょっとキツイ。ずっと登っていた方が楽だ。もう1個の工事信号でもひっかかったが、登りの自転車の速度では信号が青の時間内に工事区間を抜けるのは厳しい。あくまでエンジン付き用の信号だ。一回はギリギリ時間内、もう一回はタイムオーバーだった。だから工事信号に従う意味が無いような気もする。

この次の工事区間は固めのダートが長く続いた。

最後にKさんにパスされて二度上峠へ到着。関係ないがずっと「にどうえ」と読んでいた。「にどあげ」が正しい読み。

止めて撮影したら長い降り。渋峠に備えて脚休め。

120km地点のPC1到着。自分は遅いので、少々食べた後は、ステムバッグにパンを詰めてさっさと出発^^; 
PC2(カヤノ平)まで

大津を超えて長い登りになるとみのいちさんに追いつかれ、少しついていくが、間もなく千切れる(余裕が無くて写真無し)。もちろんKさんにも追い越される。

追いついてみたらkazuさん。この方も相当高齢のはずだが・・

気温表示は21度。雲が日を遮っているので、暑くなくて助かる。草津の7-11では、無補給地帯に備えていろいろ買い込む。ボロボロのシマノリュックをを取り出し、パン等を入れて背負う。交差点の向こう側に自販機があるようだ。

渋峠への登り。路面はウェットだけど、氷雨が無いのは助かる。

殺生河原。

木々が低いor無いのではっきりわかるつづら折り。

同タイプの車列とすれ違う。オフ会かな?

稜線部分のアップダウン。┫字路の合流地点は、少し注意が必要。

そろそろ・・

登りも終わり。

今年も渋峠に到着! 自転車を立てかけられないけど、待つのは嫌いなのでヘルメットスタンド。去年もリュウさんに渋峠で息の荒さを指摘されたけど、去年はハンガーノック、今年は眠気?(単に疲労のような気も)

今年も到達証明書を買わなくっちゃ! 到達証明書は撮り忘れた。今回は猿の写真のものを購入(重複していなければいいのだけど・・)。渋峠通過初回は未購入なので、今回で4枚目。到達証明書コンプリートリーチ。番犬のインディ君はなすがままに撫でられておとなしそうだけど、隙を見せたらリュックに噛みつかれて破かれそうになった>< 噛み返そうか少し悩むが戦闘力的に自重。ギリギリ届かないところで補給してたら、イライラして吠えだしたので、離れて挑発をやめる^^;

コーラ補充&軽量化。

あいかわらず気持ちのいい降り。途中の登り返しで、脚の回らなさに愕然w

トンネル工事迂回路途中の分岐。トンネル工事は終了しているようだけど、中央線にポールが連続するトンネルのはずなので、遠回りになってもこちらのほうが安全。

霧が出てきたが、長く続かずに済んだ。

奥志賀林道の降り。

奥志賀林道の登り。

カヤノ平の牧場。遠くに牛がちらほら。

キャンプ場へ。前回は真っ暗で何も見えなかった。

PC2到着。

キャンプ場の炊事場でボトルを洗い、水を補充。ここの水はとても美味しかった。

トイレ手前の募金箱。渋峠ホテルのようにトイレ維持のための募金では無いのかな? 長い降りに備えてTシャツとタイツを重ね着してから出発。

つづく

記2010/07/06
トップ / ページ先頭 / BBSに何か書く? / Copyright (C) 2007-2014 sakakaze
inserted by FC2 system